大北クリニック

痔の治療や乳がんエコー検査なら大阪府八尾市の大北クリニック(肛門科・乳腺エコー・甲状腺エコー等)

EPARK

 

初診受付

 

HOME»  エコーについて

エコーについて

乳腺エコーについて

当院では触診と超音波(エコー)検査による乳がん検査を行っております。
代表的な乳がん検診にはエックス線検査(マンモグラフィ)と超音波検査(エコー)があります。

 

乳腺エコーについて

 

超音波検査によるメリットはこちらです。

乳腺で見落とさない
超音波検査では乳腺に影響されずガンを発見することができます。エックス線検査では乳腺に隠れてガンを見落とすことがあります。乳腺が豊富な20、30、40歳代の方は特に超音波検査が有効です。また、日本人は乳房の脂肪が少ないので超音波検査が向いているという意見もあります。

 

乳腺で見落とさない

 

被ばくしない
若年の方や妊娠中の方には放射線被ばくをしない超音波検査が向いています。

 

乳房が圧迫されない
超音波検査では、胸にゼリー状の液体をぬり、器具を乳房にあてて滑らせながら音波を測っていきます。エックス線検査の圧迫による痛みはありません。

 

自己検診の方法
乳がんの自己検診のご紹介です。
あおむけになって、手のひら全体を使って軽く押すように、乳房全体をなでてみます。
触れてみてしこりがあれば、ご相談ください。

 

自己検診の方法

 

超音波検査

超音波検査

 

超音波検査では、腫瘍などの有無だけでなく、その大きさや深達度も調べることができます。
■腹部
■乳腺
■甲状腺